遠隔操作

ウイルスに感染すると遠隔操作されてしまうケースがある。新種のウイルスになると市販のウイルスソフトでは検出できないので気づかないうちに海外のサーバーを経由してパソコンを遠隔操作され加害者になってしますこともある。インターネットエクスプローラーに脆弱性が指摘されているのもそのまま使用するとウイルスに感染して遠隔操作され第三者にパソコンの情報が盗まれ、遠隔操作される可能性がある。情報セキュリティの観点から指摘された時点でインターネットエクスプローラーの使用制限をする必要が有る。
UTM導入サービス
お問い合わせ 045-311-6820 セキュリティに関するお問い合わせ 無料相談受付中
PageTop